東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最後の復習をやるべきだと思います。

おそらく新しいことをやっても頭に入りません。

模試等の問題で、何度復習をしても結局間違えるという

相性の非常に悪い問題を徹底的につぶし、

試験直前にはクソ暗記してでも覚える
ということも必要
かと思います。


 まだ会場の下見をしていない人は、

当日遅刻しないように下見をしておくべきです。試験当日にあせらないようにするためです。


 下見は試験当日と同じ時間に行い、

試験会場から最寄りのコンビニの場所(トイレ貸してくれるかどうかも)

交通機関の込み具合を知るとともに、

実際に最後の見直しをするなど、

試験当日のシュミレーションをされると本番で少しはあわてずにすむのではないでしょうか。


 忘れ物を絶対にしないよう、持ち物チェックリストを作成し、

過不足があれば、修正しましょう。

防寒対策、腹壊し対策もしっかりしておきましょう。


 あとは、睡眠をしっかりとり、

たとえ前日緊張で眠れなくても実力を発揮できるようにしておくべきです。

 センター試験は二日連続なので、

一日目の前日に眠れない場合、一日目が終了して帰宅したら、

早めに寝、翌朝早く起きて勉強すればいいと思います。

少々眠れなくても、目をつむって、じっと横になっているだけでも休養になります。

あわてないことが一番です。


 最後まであきらめず、一点でも多くとれるよう頑張ってください。

健闘を祈ります!



少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックを是非ともお願いします。

いつも読んでいただきありがとうございます!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/14-926109a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。