東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
センターで点数良くても、2次で点数よくないと受からないし、

2次の勉強をしっかりしても、センターの勉強をしていないと、絶対に受からないため、

センター試験対策と2次試験対策のバランスをしっかり考えたうえで、

受験勉強に取り組まなければなりません。

大事なことは、バランスよく早めに勉強を始めることです。


センター対策としては、基本的に、

過去問+模試+通信添削(私の場合はZ会)がお勧めです。

 とはいえ、センターの勉強もいきなりやってもわからないので、

センターの問題がとけるようになる基礎学力をあらかじめつけておかないといけません。

 この基礎は遅くとも高3の夏休み中には終わらせておかないといけません。


この点、Z会のセンター対策の通信添削はバランス良く、基礎固めをするのに役立ちました。

Z会のスケジュールどおりにやれば、

夏休み中に一通り基礎固めができ、秋以降は模試
のような感覚で受講できます。


どの問題集をどの程度やればいいのかよくわからない、

センター試験対策にかける時間はできる限り少なくしたい

夏休み中までに基礎をかためておきたい

という方に特にお勧めです。



科目選択について

社会のセンターでの選択をまだ決めていない人は、2次の問題を見たうえで

とっつきやすそうか、とか

2次で細かい知識まで聞かれるのはどっちか

などをふまえ、科目を選択されるのがよろしいかと思います。



少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックを是非ともお願いします。

いつも読んでいただきありがとうございます!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/13-9eaf3b28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。