東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、大学に行くべきか行かないべきか迷ってます。今は大学に行って当たり前みたいな社会だと思うんですけど、正直言うと、学年の順位も200人中180番台で、通っている学校も毎年早稲田・慶応に1人行くか行かないかっていう学校です。だから、この状態でスタートしても名門高校の人たちと戦うことができる位置までいけるかがとても心配です。また仮に行っても合格できるか心配です。けど、教師になりたいという夢があります。
もうひとつなりたい職業がありますそれはレーサーです。レーサになるにはレーシングスクールに行かなきゃなりません。レースに出れるまでおよそ500万円かかります。残念ながらそんな大金どこにもありません。レーシングスクールを卒業してから大学に入る(またはその逆)と遅くなってしまいます。
僕的に結論を出しました。
それは、レーシングスクールに通いながら、大学にも行き、教員免許をとるということです。そして大学とレーシングスクールの授業料をバイトで稼がなきゃなりません。
このことに関して、どう思いますか?参考にさせてください!


とのご質問をいただきました。
 正直、レーシングスクールというものがどういうものか分かりかねますので、なんともいえません。

 そもそも、出身校から、志望校に行った人がいるかいないかは、自分の夢の実現には、全く関係のないことだと思います。大学受験は個人戦ですから。

 仮に、今の成績が悪くても、1年か2年びっちりやれば、それなりの成果は出ると思います。


 あきらめず夢をおいかけるということは素晴らしいことだと思います。

 何事も、やってみてダメだったら修正する、この繰り返しではないでしょうか。最初からうまく行くことはありません。

 成績等が伸びるのは、試行錯誤を繰り返して、自分なりの勉強法が確立し、勉強の中身以外に迷いがなくなり、勉強を淡々とこなせるようになる頃だと思います。

 いずれにせよ、勉強も、レーサーになるのもプロになるには簡単ではないと思います。バイト、大学受験勉強というのは相当ハードだと思います。でも、正直できるかどうかは、やってみないと分からないです。

 仮にレーシングスクールに通っている間に大学受験勉強はできなくても、プロになってから、休み時間等を使ってやるのも、レーサー引退後のセカンド・キャリアのためにも良いと思います。

 自分なりに一生懸命考えて、自分で良いと思ったことをやる、自分を信じて本気で取り組まれるのであれば、どの進路を目指そうと尊敬に値すると考えます。

 個人的には、レーサー出身の先生って言うのは、子供に夢を与える先生になりそうな気がします。

 頑張ってください。


少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックをお願いします。クリックが多いほど、ご質問への返答が早くなるはずです。

 また、ブログランキングへのクリックもよろしくお願いします。



 
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/120-ecd50ec5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。