東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 1日、都立高校の合格発表があったそうです。

 志望校に合格された方、おめでとうございます。

 残念な結果に終わったかた、人生こんなときもあります。勝負はこれからです。この悔しさをばねに高校ではがんばりましょ~。
 いわゆる進学校・進学指導重点校のメリットは、まわりも勉強するので、自然と勉強しやすい環境にあるということです。

 注意すべきは、進学校・進学指導重点校に入ったからといって、満足・慢心していると、あっという間に成績は急降下し、いわゆる難関大学などには決して行けはしないということです。

 入学後も、基礎知識の早期習得を頑張らなければ、現役合格は遠のくでしょう。
 受験まで、まだ先だと思っていると痛い目にあいます。
 高1の勉強に時間をしっかりとれるのは高1のときだけです。
 遅れを取り戻そうと思っても、高2の時には、高2の時にやるべきこともあるので、その両方をこなそうとすると大変です。
 入学後、ただちに、勉強するクセをしっかりつけておきましょう。仮に中学時代に一生懸命勉強していて、しばらくその貯金で食っていけたとしても、せいぜい高1の前半までしかもたないでしょう。


 学習進度の目安としては、高校2年までに一通り終わらせ、高3では志望校対策に専念できると志望校への現役合格がぐっと近づきます。いわゆる中高一貫の進学校では、だいたいこのペースで進むと思います。

 学校の進度が遅いという方は、予備校・通信添削を積極的に活用して、全国レベルで通用する学力をつけてください。

 高校受験と大学受験の最も大きな違いは、「全国」を相手にするかいなかということだと個人的には思います。


 たとえ、ギリギリの成績で入った人でも、本気で頑張れば、大いに伸びます。高校の勉強は、中学の勉強ができたからできるというものではありませんので、心機一転、大学受験では余裕で志望校に合格できるよう気を引き締めて頑張ってください。


 一方で、志望校や進学校・進学指導重点校に入れなかったからといって、なんら悲しむ必要はありません。悔しがる必要はあると思いますが。

 結局、受験は個人戦なので、かりに団体戦で進学指導重点校が勝ったとしても、自分の将来の目標をしっかり見据えて、頑張れば、勝負に勝つことはできます。この悔しさをばねに一生懸命勉強してください。

 ただ、進学校・進学指導重点校の生徒より情報収集には気を使ってください。インターネット上の出自不明の不確かな?情報よりも、大手予備校、大手通信添削が長年にわたって蓄積した情報の活用にも積極的に取り組むべきでしょう。

 このブログでも何度も繰り返し、強調していますが、単に勉強するのではなく、志望校に受かるための勉強をする必要があるということを常に念頭において置いてください。


 将来、文系・理系のどちらに進むかまだ決めていない人でも、英数国の重要性はかわらないので、一年生の間は、この3科目の基礎固めに専念するのもありかもしれません。

 大切な青春時代ですから、学校行事、部活や恋愛、友人と遊ぶことも重要です。両立するためには、しっかりスケジュールをたてることが重要ですので、このブログの情報整理カテゴリ等もお読みいただけると幸いです。

 ちなみに、大学入学後のことを考えても、ある大学の同じ学部の学生は、学力面ではそんなに同級生と変わらないわけですから、魅力があるなと思われるのは、勉強以外に、スポーツができたりする人だと思います。もちろん、勉強が抜群にできるひとは一目おかれますが。

 さらに、大学卒業後の就職まで考えてみますと、勉強もできるし、体力もあるし、リーダーシップや協調性があると分かる人と、勉強ができるだけの人とでは、採用する側の評価もおのずと明らかでしょう。

 つまり、勉強以外にもスポーツができたり、優れた才能を持つ人のほうが今後の人生のいろんな局面で、有利になれるということです。

 かといって、人それぞれ得意・不得意があり、また環境が異なりますので、部活をすることが必要とまではいいません。ただ、密度の濃い時間を共有できるのは高校までかなと個人的には思います。

 話がながくなりました。


 いずれにせよ、みなさんが充実した楽しい高校生活を送られることを心よりお祈り申し上げます。

 少しでも参考になりましたらクリックお願いします。人気blogランキングクリックが多いほど、ご質問への返答が早くなるはずです。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/111-7c31dcb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。