東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は高3なんですが、
英単語が全く覚えられません。
大阪大学が志望である程度以上の単語力が必要とされるので焦ってます。
単語帳はターゲットを使ってます。
いつも、英語を見て、日本語を隠して訳がわからなかった英単語のところに付箋を貼って
2回目3回目は付箋の貼っている単語を集中的に繰り返しているんですが何回見ても覚えられない単語がたくさんあります…
覚え方が悪いのでしょうか?

*追加分
速読英単語は<<上級編>>と<<必修編>>買うとしたらどちらを買うほうが良いでしょうか?
文法は予備校の前期の授業で学習し、この夏休みはその復習とネクステの文法のところをしています。
上級編は単語が難しいのですか?

良かったらアドバイスお願いします。



とのご質問をいただきました。
夏休みに、きちんと前期の復習プラス問題演習をしていて立派です!!


さて、英単語帳には、でる順や、アルファベット順に出る順番ごとにまとめたものなどありますが、

私は、文章のなかで単語を覚える英単語帳をお勧めします。


実は、私も「ターゲット」や「試験にでる英単語」(青春出版社)などを一時期使っていましたが、

英単語が全く覚えられませんでした。


アルファベット順に並んでいても、前後の単語同士にはとくに関係がなく、

何度やっても、定着せず、記憶に残りにくかったのです。


ところが、「速読英単語 上級編」(Z会)を使い、

文章とともに覚えるようにしはじめると、定着率が格段に向上しました。

たとえば、模試で、速読英単語でやったことはあるけど、意味を忘れている単語が出てきた場合、

どういう文章の中で使われていたかなと思いだそうとすると、

あのストーリーの中で使われていたので、だいたいどういう意味かと推測が容易になり、的中しやすくなったのです。

また、文章とともに覚える単語帳ですと、同時に文法や読解力も鍛えられるので、お勧めです!

私は最低でも毎日1題は速読英単語を読むようにしていました。

速読英単語は派生語もよくまとまっていました。


というわけで、ベースとなる単語帳を、文章の中で覚えるような単語帳に変えられてみてはいかがでしょう??

アマゾンでは「速読英単語」は中古でしか入手できないようなので、

もっといい単語帳があるかどうか、受験参考書の品ぞろえの良い書店に行っていろいろ手にとってみてください。

その際、あらかじめ、合格体験記も読んで、

どういう単語帳がよく使われているかもチェックしておくとよいでしょう。

これは、自分が使っている単語帳がよく使われているという安心感を得るためです。。

ちなみに、私の受験時代は、速読英単語がすごくはやっていました。

最近はリスニングも重視されてきていますので、CD付きの単語帳もいいかもしれませんね。

私は、速読英単語の別売りのCDをリスニング対策も兼ねてよく聞いていました。

今から、一冊にしぼって、やりこめば大阪大学のような難関大学にも間に合うと思います。


あとは、大阪大学の過去問をしっかりやって、大阪大学では頻出の単語があるかどうかもチェックしておくと、

本番でも安心だと思います。


英単語については、基本となる単語帳を毎日やることに加え、

授業や、志望校・センター試験の過去問、模試、通信添削、問題集など

日頃学習する英文の中で出てきた単語を、自分の単語帳にのっていないかチェックして、

載っていれば蛍光ペン等でマークしたり、

載っていなければ、赤ボールペンなどで書き込みをしていました。



*追記

速読英単語 必修編と上級編どちらを使えばいいか?


率直に言うと、英語が今、どのくらいできるかによります。

Z会HPによると、上級編は、「東大、京大、早稲田、慶應、上智、などの難関大をめざすなら

ぜひ押さえておきたい上級語約900語」を収録しているとのことです。

タイトル通り、難易度が高い単語が収録されていますが、

文章形式ですので、難易度の高くない単語も当然含まれています。


難易度別に配列しているので、そこまで恐れる必要はありませんが、

基本的な単語を先に押さえるべきなので、

必修編レベルの単語をマスターしてからやるほうが賢明でしょう。

どっちを使うか判断するには、

まずは、必修編を立ち読みして、

でてくる単語の8割くらい知っていれば、

必修編をやる必要は特にないと思いますので、上級編
を買い、

知っている単語が7割未満の場合は、まずは必修編をやることをお勧めします。

必修編でも重要単語の大半はカバーしていますので、

英語が相当難しい大学・学部を受験するのでなければ、無理に上級編をやらなくても焦る必要はないと思います。


なお、今ならZ会のHPで、

難関大合格者の速読英単語必修編の活用術などがのっている

「速単の使い方」という小冊子が もらえる
ようですので、

応募してみられてはいかがでしょう。

 

少しでも参考になりましたらクリックお願いします。人気blogランキング

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/08/08(日) 18:33 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/108-fc7ce233
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
第226回(2月15日)・第234回(2月23日)に続き、英語の勉強その3です。【第248回】今日は単語の覚え方その?です。単語を覚える方法はおおまかに分けて2種類あります。一つは
2006/03/09(木) 11:45:30 | 爆勝(笑)☆大学受験奮闘記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。