東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回述べたように、

春休みには、

②未完科目・苦手科目に一通り目を通せるよう予備校で講習を受ける。

ことをお勧めします。


 まず、未完科目というのは、一通り終わっていない科目
のことです。

おそらく大部分の学校、特に公立高校では、社会は終わっていないことがほとんどではないでしょうか。


 春休みに未完科目について一通り目を通しておくと、

学校の勉強の予習になるばかりでなく、

全体像が分かることにより、

各分野を理解するスピードが断然速くなります。



 
 次に、苦手科目についても、

講義をとって典型問題を一通りつぶしておくと、

模試等でも最低限の点数がとれるようになると思います。


 1学期に行われる模試では、ほとんど基本的な問題が出ます。

そこで復習に時間をとられないようにするとともに、

一歩リードして自信を付けられるように

春からしっかりやっておくべきだと思います。


 文系の人であれば、数学は苦手な人も多いと思いますが、

逆に数学が得意であればかなり有利なので、

数学が苦手という人も春休みに頑張るべきです。

 古文・漢文が苦手という人は、まず文法を押さえましょう。なぜなら、文法が分からないと全く文章を読めないので。



 余力のある人は志望校別対策講座みたいなのを春期講習でとるのも良いでしょうが、

なによりも、苦手科目、未完科目をなくすことが高三の春休みの最優先課題だと思います。



少しでも参考になりましたらクリックお願いします。人気blogランキング
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/10-f0d90529
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。