東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年最後の更新です。

受験生の皆さん、もうすぐセンター試験ですね。

不安になっている方も多いでしょう。

(このブログのアクセス数が増え、ランキングも再上昇していることからもうかがえます。)

この時期、不安に思うことは、当然であり、悩むことはありません。

 
 直前期には、
今までやったことを総復習するだけでよいと思います。

 新しいことには手を出さず、

マーク・択一模試等で自分ができなかった問題の解き直し
をすればよいと思います。

新しいことをやってできないとあせってしまう恐れがあり、

また間違えた部分の知識が試験前までに定着する可能性が低いからです。

 
 一度やったことがある問題を解きなおすと、

できればそれだけできるようになったという自信がつきますし、

できなければできないで本試験前に最弱点が補強できたということで

試験を迎えるにあたって非常にプラスだと思うからです。

 


 また、普段復習ができていなかった部分も一挙に復習することで、

復習をやっていないという後悔・不安をなくすことができますし、

何を試験開始時間直前に見ればいいかもわかると思うからです。

(直前期の復習をスムーズにするためにも普段から情報整理をしっかりしておかないといけない)

 
 12月後半からセンター試験までは、原則としてセンター一本に絞るのがベストです。

例外としては、2次対策の社会の講習を大手予備校を掛け持ちするかたちで受けるのはよいと思います。

予想問題を重点的に押さえることができるからです。

 また、人並みにやっているという安心感が持て、センターまではセンターに集中できるというメリットもあります。

 
 センターが終わってからは、大手予備校のリサーチ等に一応行って情報収集し、

先生等にアドバイス等をもらって、2次対策に切り替えるのが通常ではないかと思います。

 センター直後といえども、2次直前期でもありますから、

完全に休息をとるというよりは、2次試験までのスケジュール作成や資料整理をして、

ラストスパートで一挙に学力を伸ばす準備をするのがベターではないでしょうか。


 体調管理、正月テレビを見過ぎないことに注意して頑張ってください。


最後まであきらめず頑張ってください。

 勉強量はともかく、気持ちで負けたらいけません



今年一年大変お世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いします。

受験生の皆さん、今頑張って、来年の今頃思いっきり楽しみましょう!

よいお年を!

 
少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックを是非ともお願いします。

いつも読んでいただきありがとうございます!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/1-e86ba741
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。